20代の若白髪の原因、予防と対策

20代 若白髪「若白髪」という言葉から、あなたは何歳ぐらいの年代をイメージしますか。

白髪が生え始める平均年齢が35歳前後といわれているので、それより前の20代は当然「若白髪」と呼ぶ事ができますね。

しかし、詳しく調べてみると小学生、中学生の子供でも白髪が生えてくる事は珍しい事ではありません。若白髪の原因のほとんどが遺伝と言われています。また遺伝以外にも生活習慣の影響やストレスからくる事もあります。

遺伝が原因の若白髪

あなたの両親は白髪が多くありませんか。髪の毛は身体の中で最も遺伝を受けやすいところです。

父親が薄毛だと、将来子供も髪の毛が薄くなるなんて話はよく聞きますね。それと同じで親に白髪が多いと子供も白髪が多くなりますし、親も若白髪の経験があれば、子供も若白髪になる可能性は高いです。

残念ながら、白髪の遺伝のメカニズムは現代の医学では解明されていません。

解明されていないという事は対策がないという事です。一番良いのは俳優の塚本高史さんのように個性として受け入れて堂々としていればカッコよくて良いのですが、どうしてもマイナスイメージしかなく、受け入れる事ができない人は染めてしまう事をお奨めします。

若白髪の原因と対策

生活習慣、ストレスが原因の若白髪

現代社会において、寝不足、栄養不足、過度なストレスというのは多くの若者に当てはまるのではないでしょうか。これらの全てが若白髪になる原因なのです。どうも若白髪の原因が遺伝ではなさそうだという方は、これらの生活習慣を見直してください。

特に20代は仕事や人間関係のストレスなどがどうしても多くなりがちですからね。知らず知らずに無理をしていることもあります。

しっかりとした休息をとり、バランスの良い食事をこころがけ、ストレス発散も大切です。若白髪は現代社会に締め付けられているあなたの心の叫びといえるでしょう。

最後になりますが、白髪は絶対に抜かないでください。髪のトラブルの元になります。受け入れるか、染めるか、カットするかでお願いします。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブラックサプリEX

白髪予防に!髪に良い栄養素が足りない時はサプリもおすすめ

このページの先頭へ