育毛剤、発毛剤、養毛剤の違い

育毛剤 養毛剤 発毛剤 違い薄毛でお悩みの方が、まず試すのが自宅でのヘアケアだと思います。

薬局に行けば多くのヘアケア剤が置いてあります。ヘアケア剤にも色々種類があり、成分も効果も異なります。自分にあったヘアケア剤を使うためにも、正しいヘアケア剤の知識を付ける事が必要です。

ヘアケア剤には、大きく3種類に分ける事ができます。

 

育毛剤

育毛剤とは、うぶ毛も含めて現在生えている髪の毛を太く丈夫に育てる効果があります。
「髪の毛が細くなってきた」
「抜け毛が目立つようになってきた」
「うぶ毛をハリ、コシのある太い髪に育てたい」
このような場合に使用してください。

発毛剤

発毛剤とは、発毛成分により、脱毛した毛穴から発毛を促す働きをします。つまり毛を生やす効果があります。
「髪の毛が抜け落ちて地肌が見えてしまった」
「うぶ毛が生えてこない」
このような場合に使用してください。

養毛剤

抜け毛を防止するため、髪に必要な栄養を供給する効果があります。髪の健康状態を保ちたい方におすすめです。

また、育毛剤、発毛剤、養毛剤には、薬事法に基づいて「化粧品」「医薬品」「医薬部外品」に分類されます。
「化粧品」の場合は、詳しく効能効果を謳う事ができません。

「医薬品」とは有効成分の効果が認められていて、どのような病気にどのように効くかという事が表示されています。

また使用方法を誤ると思わぬ副作用が起こる事がありますので、用法、用量を守る事が大切です。

「医薬部外品」とは、化粧品と医薬品の中間の製品です。どちらかというと積極的治療よりも予防に重点を置いたものです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブラックサプリEX

白髪予防に!髪に良い栄養素が足りない時はサプリもおすすめ

このページの先頭へ