白髪が出来る原因と考えられる5つのこと~メラノサイト編~

年をとってくると白髪が増えていきますが、白髪がができるメカニズムは分かっていますが、白髪の発生原因は謎でまだ完全には解明されていません。

白髪になるメカニズムがわかっても、どうして白髪になっていくのかという根本の原因ははっきりとは分からないということを知っておいてください。

白髪が出来るメカニズム

ただ、現在、遺伝や老化・生活習慣以外に白髪が発生する原因としてメラノサイト関連で考えられていることや説がいくつかあるので紹介させてもらいます。

メラノサイトに関する白髪が発生する原因・説

ちなみにメラノサイトは髪の色を黒くする(皮膚等も)メラニンを形成する色素細胞のことです。

①毛根部のメラノサイトは髪が生え変わる時に大部分が失われるが毛根周辺にあるメラノサイトが毛根部に移動する事によって黒髪が再生している。
しかしこのサイクルがくずれ、メラノサイトの働きが低下したことによるとする説

②メラノサイトの数は変わらずメラニン形成酵素が減少する説

③メラノサイトの数が減少するという説

④メラノサイトから角化細胞へのメラニン顆粒(かりゅう)移動障害の説

⑤毛球部分のタンパク質FGFを作る遺伝子の量が減り、働きが低下。
メラノサイトの増殖力や毛髪細胞のアポトーシスを回避する能力が下がるためとする説

このように、一見すると何?という難しい説がいろいろ議論されています。メラノサイトが白髪と関係しているけれど、どうして働かなくなるのか?それに関していろいろ研究されているようです。

早く解明されて白髪に悩まなくなりたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブラックサプリEX

白髪予防に!髪に良い栄養素が足りない時はサプリもおすすめ

このページの先頭へ