白髪が出来る仕組み・メカニズムを知って白髪予防しよう!

白髪 仕組み白髪が出来る仕組みを知っていますか?

もともと、毛髪は皮膚が変化してできたもので、頭皮から外に出ている「毛幹」(一般に髪と呼ばれる部分)と頭皮内に隠れている「毛根」に分けられます。

そして、これはびっくりかもしれませんが、もともと髪の毛は色がついてない白色なんです。

髪の色は、日本人なら大抵黒色、世界では金や、茶色など様々な髪の毛の色がありますが、
こういった頭髪の色は毛髪が頭皮内で成長する時に毛母細胞の間に存在している「メラノサイト」によって作りだしたメラニン色素が毛髪内に取り込まれる過程で定着して色が黒色等にきまります。

なので、もともと白色の髪が色素細胞(メラノサイト)が作り出すメラニン色素によって黒かったり金髪だったり、茶色だったりに見えているんです。

毛髪の色は皮膚と同じくメラニン色素で決まる

白髪はこのメラニン色素が欠落したものになります。

ではなぜこのメラニン色素が欠落するかというと、老化や遺伝、何らかの理由でメラニン色素が作られなくなり、もともとの白髪になります。

色素細胞にメラニンをつくる力がなくなると白髪になってくる

これが白髪になるメカニズムです。

このずばり、白髪の発生はこれが原因!という詳しい原因は分かってないのが現状です。

白髪になるメカニズムは分かっていてもなぜ白髪になるのかという根本の原因はまだはっきりと分からないのです。

いくつか白髪の原因というもので考えられているものがあるので今度はそれを知って白髪の予防をしていきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ブラックサプリEX

白髪予防に!髪に良い栄養素が足りない時はサプリもおすすめ

このページの先頭へ